サルトルバドル

ポケモンと雑記(予定)

荒木比奈すき

 

2年前ぼく「アイマスの中に、音ゲーがある。 拾いに、行く。

f:id:ungreatman:20170915143802j:image


あっ、この沼………「「深い!!!」」
ボボボボボボボボボボ!!!!!!!!!!!

みんなもアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージを始めてあなた好みのアイドルを探そう!!!!!

 

 

以下駄文
この荒木比奈というキャラが僕は他の200弱に及ぶアイドルより断然好きで、彼女の魅力をずらずらと書き並べたいところですが、今回の話はそういうことではないので割愛します。

重要なのはこの荒木比奈は僕の大のお気に入りであり、彼女が太い黒縁メガネを掛けていることである。

というのは最近黒縁メガネを掛けている女性に対して非常に魅力を感じるようになってきたんですね。以前の僕の女性観は漠然としていて、とりあえずキレイで優しそうなら好意を持つそういうものでした。では何故この黒縁メガネに悩まされているか、それは中国の女性は非常に黒縁メガネを掛ける割合が高いのです。男も多いんですけど

食堂に居た女の子が黒縁メガネかけててめっちゃカワイイって思いましたけどよく見ればとても整った顔立ちという訳ではありませんでした。まぁかといってブサイクではなかったんですけど。

この体験からですね、好きというものを深く考えさせられました。あの娘が好きなのか、それとも理想の女性に似ているから好きなのか。未だに恋愛経験syamu_gamesですけど完全に「元カノに似てるからこの女が好き」とかいう感情に相似しているんですよ。しょうもねぇ〜

早い話が荒木比奈のコスプレが目の前に居たらキモいと思っても貪りたいですよね。でもそれは別に本物の荒木比奈ではない訳ですね。我々は想像力豊かですから色々な物に過去の感情が溢れるわけです。例えば、お袋の味ってありますよね。別の人が作っていても料理が一緒なら母を思いうかべますよね。あれと同じです。

だから、この「好き」というのは本当にその人に対しての物なのか、ただ過去の経験から条件反射でその人に好感を抱いているだけではないのか?人間って難しいですね。ともかく僕は出会えるなら本当に好きでよかった人に出会いたい訳で、それからすればこの条件反射はとても邪魔な訳です。

一般に彼女を作ったオタクはその好きキャラのことがどうでも良くなるらしいです。以前は薄情な奴だなって思ってましたけど、今となってははやくそれになりたいですね。おわり。書いてて面白いと思わなかったので白文字。